カテゴリー

エミネムの新作アルバム アルフレッドヒッチコックって誰?

この記事は約2分で読めます。

2020年1月17日にエミネムが新作アルバムでリリースしました

タイトルは

music to be murdered by

このタイトルはアルフレッドヒッチコック監督の作品よりインスパイアされたタイトルとなっています

ところで、アルフレッドヒッチコック監督って誰だかご存知でしょうか

知っている人にはものすごく有名な人なんです

エミネムも当然この監督の大ファンなんでしょうね

エミネムの新作アルバムについてはこちら

エミネム eminem がサプライズアルバムをリリース

アルフレッドヒッチコックって誰?

アルフレッドヒッチコックとはイギリス出身の有名な映画監督です

サスペンス、スリラー映画界では神様と崇められているような巨匠です

1899年から1980年

80歳でこの世を去っています

1939年からアメリカで活躍していました

カメオ出演する監督

アルフレッドヒッチコックは監督や演出をしながら自身もよく作品に出演する監督と言われています

なんと作品の約半数に自身がカメオ出演しているということなのです

この時代からカメオ出演があったという事に驚きですね

ブロンド髪女性を登用する

アルフレッドヒッチコックは自身の作品に金髪女性をたびたび登用しています

我々がイメージするサスペンス映画に金髪女性が出演するという風習はこの頃から出来上がっていました

彼の言葉で

『スクリーン上で金髪は最高の犠牲者になる』

と述べている事からもブロンド女性に対する、強いこだわりが感じられます

アカデミー監督賞は受賞できず

アルフレッドヒッチコックはアカデミー監督賞に5回もノミネートされながら、一度もアカデミー監督賞を受賞できていません

名作レベッカではアカデミー作品賞も受賞していますが、アカデミー監督賞は逃しています

背景には大物プロデューサーのデヴィッド•O•セルズニックとの決別が関係しているようです

まとめ

アルフレッドヒッチコック監督とはイギリスのサスペンス映画の巨匠

日本はもちろん、海外でも有名

アカデミー作品賞は受賞できたものの、監督賞には選ばれなかった

タイトルとURLをコピーしました