カテゴリー

コスパで選ぶ2in1PCは何がある?surfaceよりも安いライバル機種を解説!

この記事は約3分で読めます。

コスパで選ぶ2in1PCは何がある?surfaceよりも安いライバル機種を解説!

実はここのところsurfaceが気になってしょうがなかったのですが、いかんせん価格が高く手が出ませんでした

安い方のsurface goでも本体、キーボード、スタイラスペンで10万近くになってしまいます

そこまで出すならMacBook Airを買おうかなぁと思ったりしますが、結局は仕事の合間にちょっと使う程度の物に10万は高すぎると判断してやめてしまいました

色々と見ているとsurfaceに似た機種がある事に気づき、ここ数週間はいわゆる2in1PCを調べてばかりいたので、今回は価格重視の2in1PCはどんな機種があるのかまとめてみました

今回選んだポイントは

  • surfaceよりも安い
  • 分離できてタブレットとして使える
  • 軽い

の3点です

正直、軽くて持ち運びに便利というだけなら、軽いノートパソコンを買う方が安価です

でも分離して収納できたり、タブレットとしても使えたらカッコいいという安易な発想から2in1PCを選びました

ASUS TRANSBOOK MINI

当初はこの機種にしようと色々と調べていました

とにかくsurfaceに似ているなぁというのが最初の感想です

このTRANSBOOK MINIは色々な種類があり結局どれを買えばいいのかわからないのが、決めきれなかったポイントです

そして、価格ドットコムを見ていると年々価格が高くなっており、なんとなく損した気分になるのが嫌なポイントの一つです

私の使い方ならブログを更新したり、ネットサーフィンをするくらいなので、これで十分なんでしょうけど

価格はタブレット、キーボード、スタイラスペン付きで5万円くらいからです

T103という機種はタブレットの重量は620g、キーボードを合わせても870gとかなり軽いです

ディスプレイ 10.1インチ

CPU atom x5-Z8350

ストレージ 128GB eMMC

メモリー4GB

2in1PCとして最低限のスペックですね

少し前ではメモリーが2GBしかないモデルが多かったので、4GBになったことで購入に踏み切った人も多いのでは?と思います

Lenovo ideapad D330

レノボの2in1PCです

こちらはキックスタンドが付いていないので、使ってる間にこけるんじゃないかなぁと不安になりやめました

2in1PCは画面側が重くなるので、キーボードを付けても、バランスが取りにくいのが難点です

その為に、各社から販売されている2in1PCにはキックスタンドと呼ばれる支えるバーが付いているのことが大半です

価格はタブレットとキーボードで4万7千円程です

タブレットの重量は600g、キーボードを合わせると1135gです

ディスプレイ 10.1インチ

CPU celeron N400

ストレージ 64GB eMMC

メモリー 4GB

こちらも最低限のスペックですね

ストレージが64GBしかないのは不安点です

windowsのアップデートでかなりの容量をくうみたいなのでもう少し欲しいところです

CHUWI U BOOK

チューイの2in1PCです

結局はこの機種を購入しました

質感も悪くなさそうです

タブレットの重さは790g

キーボードは230gです

価格はbangoodタブレット、キーボード付きで33000円ほどです

かなり安いですね

ディスプレイ 11.6インチ

CPU celeronN4100

メモリー 8GB

ストレージ 256GB SSD

価格が安いのにスペックは上記の2種類よりも上という驚きです

一番のポイントはSSDになっているところでしょうか

立ち上がりの速さがやはり変わってくるので、ここがeMMCだったらTransbookを買っていましたね

まとめ

2in1PCは最低限のスペックでもOK

(動画編集などは難しい)

surfaceが高いという人は他のメーカーの製品を狙う方がコスパがいい

現状Chuwiが圧倒的にコスパがいいが、他メーカーもそろそろ新しい製品を出してきそうです

メモリー8GB

ストレージSSD

の時代はすぐにくるかもしれません

タイトルとURLをコピーしました