カテゴリー

サウナ王太田広さんのプロフィール、何やってる人?職業や出身、年齢を紹介

この記事は約5分で読めます。

サウナ王太田広さんのプロフィール、職業や出身を紹介

今回はサウナ王の愛称で呼ばれている太田広さんの紹介していきます

近頃のサウナブームの仕掛け人と言っても過言ではない経歴の持ち主です

20代〜30代女性の1割はサウナに通っているというサウナブームを作り出した張本人です

ここ数年、太田さんはテレビやメディアでの露出が多く、サウナ関連の特集では頻繁に見かけるようになりました

しかしながら、プロフィールや何をやって稼いでいる人なのかは謎に包まれている人ですよね

サウナ王太田広さんのプロフィール

名前 太田広(おおたひろし)

職業 コンサルタント、代表取締役社長

温浴施設コンサルタント

会社 株式会社楽楽ホールディングス

出身 東京都浅草(3歳まで)

育った場所 茨城県(3歳から18歳まで)

過去の勤務先 船井総合研究所

結婚 既婚者

資格 調理師免許

生年月日 不明

年齢 不明 50代前半

ドイツサウナ協会認定アウフギーサー日本第一号

会社HPを見ても年齢や生年月日が不明という謎に包まれた人です

東京の浅草で生まれ、3歳の時に茨城に引っ越しをしました

おそらくですが、親の会社都合だと思います

その後、18歳まで茨城で育ち、大学進学時に東京に再び上京をしました

大学生時代にサウナにハマるようになり、今では年間320日はサウナにはいります

大学卒業後は船井総合研究所に入社

(船井総合研究所はコンサルタント業の会社)

船井総合研究所に入社する前も船井幸雄氏の本を読み、会社に入社した後も多くの事を教えてもらったそうです

その後に船井総合研究所を退社、3年間はコンサルタント業に復帰をしてはいけないという誓約書を書き、その間は銭湯の経営などをやられていたそうです

3年後、温浴施設コンサルタントとして活躍し始めました

そして、いつの間にか周囲からサウナ王として呼ばれるようになったそうです

年齢は不明ですが、大学生の時代にサウナにハマり、その後のサウナ歴が30年と言っているので年齢は50代前半でしょうか?

正直、もっと若く見えるのはサウナによる効果なのか、コンサルタントとして働く貫禄からなのかは不明です

サウナ王と呼ばれ始めた時期

年間320日サウナにはいる太田さんは周囲からサウナ王と呼ばれています

サウナ王の愛称で呼ばれ始めた時期は2005年くらいだそうです

そして、世間にサウナ王が認知され始めたのはその5年後の2010年頃です

関西のテレビ番組でサウナ王として放送されたことが世間の認知のきっかけだったそうです

その後は各メディアにてサウナ王として紹介されています

温浴施設コンサルタントとは

太田さんがやっている温浴施設コンサルタントとは、その名前の通り温浴施設の経営コンサルタントを行う職業です

世間には様々な温浴施設コンサルタントがいますが、太田さんが提唱するのは『実践型コンサルタント』です

年間320日はサウナに入り、過去に銭湯の経営し、そこから得たノウハウを持ってコンサルタントを行います

机上の空論を嫌い、自身が現場に入って変えてこそ!という信念を持ってコンサルタントをやっているみたいです

また、コンサルタントをしている温浴施設が手いっぱいで、電話を出る人がいない時には、積極的に電話に出て対応をしています

当然ですが、ただ電話に出るだけではなく、その電話の内容に瞬時に答えられるように温浴施設の事はなんでも頭にはいっています

調理師免許も取得しており、温浴施設での飲食もコンサルタントできるのも強みですね

上記の経歴から考えると船井総合研究所を退社してから取得したものでしょうか?

温浴施設にかける情熱が凄まじいですね

太田さんがサウナにハマった理由

太田さんが初めてサウナに入ったのはバブル真っ只中の大学生の時でした

大学生の時にアルバイトをしていた高級クラブで仕事の後に先輩達に連れて行ってもらったのがきっかけだったそうです

後述しますが、新宿のサウナということで学生時代は歌舞伎町界隈でのアルバイトでしょうか?

社長が多くきて、チップで1万をよく貰っていたそうです

今では、そのような文化はなくなりつつありますが、当時は夜の仕事の後にサウナに行くというのは比較的ポピュラーな楽しみ方だったそうです

当初はサウナに5分くらいしか入ることができずにいましたが、水風呂と交互に入ることで段々と長く入るようになったとのことです

そして、少し無理をして長めにサウナに入ることにより水風呂が冷たく感じなくなることを発見したそうです

太田さんが初めてはいったサウナは?

太田さんが初めて入ったサウナは

『新宿グリーンプラザ』

というサウナだそうです

新宿グリーンプラザは新宿歌舞伎町にあった男性専用カプセルホテル&サウナのことです

残念ながら2016年12月に閉館してしまい建物も取り壊しになりました

跡地には複合施設ビルが建設中です

新宿グリーンプラザは水風呂がなく7、8メートルくらいのプールがあり、そこが水風呂のかわりになっていたそうです

太田さんが提唱する515サウナ入浴法とは?

515サウナ入浴法を簡単に説明します

サウナに5分入ったら、水風呂に1分、その後に5分休憩

サウナに10分入ったら、水風呂に2分、その後に10分休憩

これを繰り返すことで、サウナにより宇宙に行けるような感覚になります

サウナーの人が言う、『ととのう』という状態ですね

この『ととのう』という状態は、交感神経と副交感神経を交互に刺激することで、眠っている感覚なのに覚醒しているという不思議な状態のことをいいます

どうやら瞑想やランナーズハイのような状態に近いようです

脳内快楽物質βエンドルフィンの血中濃度が高まることがわかっています

この『ととのう』という状態は医学的にもまだ詳しくは解明はされておらず、太田さんを含め医学的に研究しているそうです

タイトルとURLをコピーしました