カテゴリー

宮城県仙台市に未確認物体が出現!各方面の対応はどうする?

ニュース

宮城県仙台市に未確認物体が出現!各方面の対応はどうする?

宮城県の仙台市青葉区の上空に未確認物体が浮いていると話題なっています。

こちらの未確認物体は2020年6月17日の朝から浮かんでいると警察や気象台に情報が相次いで報告されています。

この件はネット上でも謎の物体が浮いていると話題となっています。

未確認物体に対しての対応は?

この未確認物体に対して、各方面から対応と情報収集が行われています。

宮城県警

宮城県警によるとこちらの物体は17日の朝4時ごろから浮かんでおり、未確認物体の高度は2000メートルから3000メートル以上とのことです。

国土交通省

国土交通省仙台空港事務所によると、午前6時すぎに仙台空港西側の上空に白い物体を確認していたが航空法に基づく届け出や報告はなし!

物体は気象観測機器を飛ばすための気球に形は似ているが、気象台は「気象庁が打ち上げた物ではない」と説明しています。

宮城県危機対策課

宮城県危機対策課の担当者は「県警や自衛隊、大学などと連絡を取っているが、有力な手掛かりはなく、引き続き情報を収集する」と話しています。

未確認物体に対する対応に怒りもの声も!

各方面の未確認物体に対する対応に怒りの声も相次いでいます。

この未確認物体は航空法に基づく届出がされていないものになります。

このことが、わかりながらも県警も国土交通省も危機対策課も情報を収集するとして、未確認物体に具体的な措置を講じていません。

そもそも何かわからないものを空中に堂々と浮かばせていること自体に疑問を感じる人も多く、

『毒や爆弾をぶら下げていたらどうするのか?』といった声もあります。

近頃ではドローンを飛ばすことも許可が必要な時代になってきているのに、何時間も放置とは平和ボケすぎるのかもしれません。

ネット上の反応

ネット上では、ラジオゾンテではないのか?との話も出ています。

また、未確認物体が怖いや不信に思う人も少なくありません。

高度は10000メートル以上に到達しているとの話も出ています。

南極でエアロゾル観測をした時の気球と酷似しているとの話も!

観測であれば、なぜ届け出がされていないのでしょうか?

疑問は増えるばかりですね。

ドローンでのテロや空中攻撃に警戒を!

日本ではあまりピンッときませんが、世界ではドローンでの攻撃やテロが発生しています。

2019年の9月にサウジアラビアの国有石油会社サウジアラムコがドローンにより油田が爆破されたことは記憶に新しいらです。

こちらのドローン攻撃は誰が行ったのかは不明ですが、同じことが日本で起こっても不思議ではありません。

航空法に基づく届け出がされていないのであれば実力行使で引きずり下ろすことも考えるべきなのかもしれません。

まとめ

宮城県仙台市に未確認物体が出現。

航空法に基づく届け出はされておらず、誰が何の為に飛ばしたかも不明。

宮城県警、国土交通省、危機対策課も引き続き情報を集めるなどと話をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました