カテゴリー

小顔に見えるマスクはどれ?錯視やフィッティングの良いおすすめ品を紹介

生活雑貨
この記事は約4分で読めます。

小顔に見えるマスクはどれ?錯視やフィッティングの良いおすすめ品を紹介

コロナ禍でまだまだマスクが手放せない時期が続きそうですが、今小顔に見えるマスクを選ぶ人が増えています。

2020年の春くらいまでは、そもそもマスクが手に入らないということ記憶に新しいですが今やマスクもファッションとして選ぶ時代に突入しています。

人によっては柄や色味で差をつける人もいますが、一番人気はやはり小顔に見えることではないでしょうか?

そもそもマスクを付けていると美人に見えるといったこともあるようにその人にフィットしているマスクをつけているだけで好印象になるのなら勝負マスクとして何枚か持っておいてもいいですよね。

今回は小顔に見えるように進化したマスクを紹介します。

小顔に見えるマスクの条件は?

小顔に見えるマスクの条件は何なのでしょうか?

一説には大き目のマスクを付けると対比で小顔に見える?という話もありますが、

基本的には大き目を付けることはNGです。

むしろ、顔にフィッティングしたマスクを付けることで小顔に見せることができます。

その証拠ではないですが、小顔に見せるマスクを謡っている商品には大き目だから小顔という表現は使われていないですよね。

むしろ、顔にフィットすることにより小顔を謡う商品が多いです。

フィッティングが良いから小顔に見えるのは理解できたと思いますが、昨今の小顔マスクはどんどん進化しています。

次の項では進化した小顔マスクを紹介していきます。

マスクを付ける時は髪型にも気を付ける

小顔に見せるということにも通じてきますが、マスクを付ける時には髪型にも気を付けた方がいいというのが定説です。

マスクを付けると顔の出ている部分が減ります。

その時に、前髪があるとさらに顔を隠すことになります。

なので、前髪が無い髪型のほうが清潔感がでてマスクが似合いやすくなります。

実際に、マスクを付ける習慣ができてから周りの人のヘアスタイルが変わったということはありませんか?

気づいている人はどんどん取り入れているので、さっそく試してみてもいいのではないでしょうか?

ケイトのマスクは錯視を利用した小顔マスク

まず紹介するのはケイトのマスクです。

ケイトといえば女性人気の化粧品ブランドです。

なので、女性の顔を知り尽くしたブランドといえそうです。

そんなケイトが販売しているマスクは錯視を利用します。

フェイスラインに向かって複数の線が引いてあることで、顎のラインをシャープに見せてくれます。

化粧でいうシェーディングですね。

おまけにシェーディング部分はマスクの色よりも濃くなっており、幅よりも奥行きを意識させるデザインとなっています。

マスクに化粧した状態を作り上げるイメージでしょうか?

さらに顔を2分割するセンターラインで縦に線が入ると幅が狭いと認識します。

当然ですが、女性向けの商品なのでマスク自体の大きさも女性に合わせて作ってあるのでフィッティングも抜群に良いです。

カラーはピンク、ライトベージュ、ラベンダー、ブラックの4色展開です。

シェーディング効果を活かせるピンクとライトベージュが人気のようです。

 

ビースタイルのマスクはサイズ感と縦プリーツで小顔に!

ビースタイルが販売するマスクは抜群のサイズ感と縦にはいるプリーツで小顔に見せてくれます。

不織布の使い捨てマスクなので、世間に気を遣わないで着用できるのもポイントが高いですね。

ウレタンマスクなどの立体マスクは注意されることもあるようですので。どうやらマスクが動いた時にプリーツが広がることによって顔が大きく見えることがあるようです。

ビースタイルのマスクはもたつきがちな顎ラインに縦のプリーツを入れることで小顔に見えるようにしています。

またこちらも女性向けに作られているので、サイズ感とフィッティングも抜群に良いと評判です。

 

まとめ

今回は小顔に見えるマスクを紹介しました。

昨今の小顔マスクはフィッティングだけではなくさらなる進化が遂げられていたことがわかると思います。

普段使うマスクは使い捨てのものでも、ここぞという時には小顔マスクを使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました