カテゴリー

coenってどんなブランド?年齢層は?モテる?どこの国のブランド?

メンズファッション
この記事は約5分で読めます。

coenってどんなブランド?年齢層は?モテる?どこの国のブランド?

 

今回は大人気のカジュアルブランドcoenを紹介します。

coenは2008年に誕生し北海道から九州まで幅広く全国にて展開されている日本のカジュアルブランドです。

また近年では海外に進出しており台湾にも2店舗出店しています。

日本のファッションが海外に認められるというのは同じ日本人として嬉しいものですよね。台湾という同じアジア系の人種が多く住む場所なので日本ファッションが取り入れやすいのは納得いきますよね。

今回はそんな人気のカジュアルブランドのcoenがどんなブランドなのか購入している年齢層は何歳くらい?などを紹介していきます。

 

coenってどんなブランド?

coenは「食べることや、会話をすることのように、ファッションをもっと気軽に楽しんでほしい」をコンセプトに誕生したカジュアルブランドです。

また、「程よいトレンドとリラックス感を取り入れた、自然体で心地よく着られるカジュアルウェアを手頃な価格で提供していきたい」という思いから販売されている価格帯は安く抑えれているのも魅力です。

素材の開発には年単位の時間をかけているアイテムもあるそうで、一点一点が、普通に見えて一味違う、個性豊かな服が特徴となっています。

2020年8月より発売されているEASY SLIM PANTSにはペットボトルをリサイクルした素材が混合されており、時代の流れに沿った素材を使用したアイテムも販売されています。

https://www.coen.co.jp/info/corporate/2020/08/18313.html

ちなみに私が好きなtalowさんもcoenのアイテムを紹介しています。

参考にしてみてください。

coenを購入している年齢層はどの年代?

coenを購入しているのはどの年齢層の人が多いのでしょうか?

coenは比較的価格が抑えられたアイテムが多いということもあり、店舗には様々な年齢の人が足を運んでいる印象です。

どの店舗に足を運ぶかにもよりますが、10代の学生から40代くらいまでは問題なく着ているのではないでしょうか。

それもそのはずでcoenはいい意味で攻めた洋服が少ないことが要因と思われます。

一度、店舗に足を運んで見るとわかりますが着回しがしやすいカジュアルウェアが多く並んでいます。例えばサックスブルーのシャツとかチノパンとかですね。

こういった服は年齢関係なく着れるベーシックアイテムなのでcoenの服を買う年齢層は比較的広くなっています。

年齢に関係なく共通しているのはきれい目な服よりもカジュアル系が好きな人が多く購入している点ですね。

他のブランドでいうとジャーナルスタンダード等のブランドが好きな人はcoenが好きなイメージですね。

最近の傾向で10代ではダボっとしたオーバーサイズの着こなしがしたいという人が多いのでcoenの服は程よく大きめが多い印象です。

もし気に入ったアイテムがあったなら1サイズ上を試着してから購入するのもいいかもしれません。

逆に30代でオーバーサイズ過ぎるのは年齢的にちょっとという人は程よくゆるいcoenの服はハマるかもしれません。

coenのおすすめアイテムは?

coenには毎年アップデートされながら販売される定番のアイテムが多くありますが、私のおすすめを紹介します。

クライミングストレッチスキニーパンツです。

ちなみに私はデニム素材とチノ素材の2本を持っています。

coenらしいカジュアルなデザインとなっており、スキニーパンツはきれい目すぎて苦手。。っという人やスキニーをサイズを上げて履くのはだらしないっという人におすすめです。

ウエストや太ももを大きく作り、裾にかけてテーパードしたデザインなのできれい目とカジュアルの程よい塩梅がこの1本だけで作れます。

ちなみに裾が細く靴に被らない為、スニーカーとの相性もよくお気に入りのスニーカーと合わせるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました