カテゴリー

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームをワックス歴15年がレビュー

ヘアスタイル

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームをワックス歴15年がレビュー

今回はN.homme(エヌドットオム)のジェルバームをレビューします。

N.hommeはここ数年で大人気のN.のメンズラインです。

N.といえば濡れ髪ヘアスタイルを作るスタイリング剤が有名です。

誰でも雰囲気のあるスタイルが作れるとお洒落な美容師やインフルエンサーの方も使用率が高いですね。

そんなN.のメンズラインでは第一弾で3種類のスタイリング剤が販売されていて、シアクリーム、ジェルバーム、アクアグリースです。

第二弾ではジェルグリースが販売されています。

購入前に色々と調べたところ、シアクリームはハードワックスのような使用感、

アクアグリースも濡れ感のあるグリースというように他のヘアスタイリング商品との差別化はあまりされていない印象でした。

なので、今回はジェルとワックスが混ざっているジェルバームを購入しました。

ジェルとワックスを混ぜているスタイリング剤はあまりなく、UNOにあったかなぁ?くらいですね。

購入はこちらから

N.HOMME(エヌドットオム) ジェルバーム 100g スタイリングジェル メンズ ヘアケア NAPLA(ナプラ)

 

そして、今回ジェルバームを選んだ理由の一つとしてInstagramでこんなヘアスタイルを見つけたからです。

 

がっつり束感ヘアでもないけど動きがあるビジネスでもいけそうな曖昧な髪型は新しいですよね。

 

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームで作った髪型は?

https://mens-hairstyle.jp/lipps_oomiya/h/5371.html

今回は73アップバングヘアで使いました。

軽く束感を出しながらも曖昧なヘアスタイルを目指してみた感じです。

実際に使用してみたところ束感はあまりでないです。

ワックス+ジェルなのでワックスの使用感にに近くなるでは?っと考えていましたが、どちらかというとほぼジェルですね。

なので、ワックスに比べて毛束は細くなるイメージですね。

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームのセット力は?!

N.hommeのジェルバームはウェット又はハーフウェットでの使用が推奨されています。

今回はハーフウェット、と完全に乾かした時での使用です。

セット力はそこまで高くありません。

ガチガチに固まるジェルとは全くの別物と考えた方が無難ですね。

N.homme(エヌドットオム)が目指している曖昧な雰囲気、いい意味でのファジー感は達成できているのかもしれません。

すごく悪い言い方をするとセット力の弱いジェルですね。

私のような剛毛は多めにつけないと、セットできないです。

ベタつきは無くつけた後はサラッとパリッとしています。

ジェルをつけた時の白い粉が吹くということも無しですね。

この点はロレッタハードゼリーに似ています。

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームのツヤ感は?!

ジェルバームのツヤ感はそこまで出ないです。

かといってジェルなのでマットでもないです。

いわゆるジェルのツヤツヤ感を求める方には不向きですね。

自然なツヤ感にしたい人にはいいかもしれません。

ツヤ感をさらに出したい人には、N.のポリッシュオイルを混ぜるとツヤ感がまして使えますが、そこまでするなら別のスタイリング材でもいいのでは?と思ってしまいます。

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームの匂いは?!

ジェルバームの匂いは伊予柑の匂いです。

いわゆる柑橘系なので、好き嫌いは分かれなそうです。

初めてつけた時は、男性用の整髪料の匂いだなぁと思いましたが、個人的にはお洒落な匂いだと思います。

N. はお洒落さをかなり意識していると思います。

スタイリング後は匂いが取れて香水などとも喧嘩しないので、日常的に香水やボディクリームを使用している人にもおすすめできます。

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームの使用感は?!

ジェルバームはジェルが8ワックスが2の割合で混ざっているので、髪への馴染ませやすさはかなりいいです。

セット力は高くないものの、ドライでつけた形は保ってくれます。

前髪をドライヤーで立ち上げてから軽く濡らすみたいな使い方をするとさらに使いやすい印象です。

スタイリング後は、他のジェルよりも柔らかい印象になりますね。

束感が作れるスタイリング材ではないので、束感ヘアをしたい人にはおすすめしないです。

キープ力は高くないので、崩れるのが嫌な人はスプレーを推奨します。

N.homme(エヌドットオム)ジェルバームでおすすめの髪型は?

ジェルバームを使った印象で作り込むスタイルは向いていないと感じました。

なので、パーマがかかっている人やアイロンで動きを出している人が曖昧な動きを出すときに向いていると思います。

または、ビジネスヘアでツヤツヤにしたくない人や、ナチュラルな印象のヘアスタイルにしたい人におすすめですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました