カテゴリー

N95マスクの危険性と注意点!長時間の使用はおすすめしない理由

この記事は約3分で読めます。

N95マスクの危険性と注意点!長時間の使用はおすすめしない理由

今回はN95マスクの危険性と注意点について紹介します。

昨今の新型コロナウイルスによる騒ぎで、世界中の人々がマスクをつけて生活をしています。

その中でも、N95規格のマスクを日常生活で装着し、さらには運動をしている時にも装着して死亡するという事件が起きていますね。

この話は中国の学生の話ですが、もしかすると日常的にN95マスクを使用している人は危ないかもしれません。

中国は新型コロナウイルスが発生源と言われているので、中国国民が予防の為にN95マスクを積極的に使用しているのもうなずけます。

N95マスクは非常に高性能で新型コロナウイルスの感染を予防するには非常に優れています。

しかし、N95マスクは医療機関での使用を目的としている為、日常使いするには注意が必要になってきます。

N95規格マスクの危険性と注意点は何か?

N95マスクは非常に優秀なマスクですが、付けるとかなり息苦しいと感じる人が多いようです。

どれくらい息苦しいのかというと、階段を登るだけで息苦しく呼吸が乱れるほどのようですね。

ただし、慣れもあるらしく普段からN95マスクを付けている病院関係者の人はある程度は呼吸が乱れずに仕事ができるようですね。

N95を装着しての運動にはしっかりとした研究もあります。

10人の男女にN95マスクを含めた種々のマスクを装着してもらって、ランニングマシーンに臨んだ2005年の研究があり、N95マスクの方がサージカルマスクよりも心拍数、マスク内温度、マスク内湿度、主観的な息のつらさの度合いが高かったとされています。

(Int Arch Occup Environ Health. 2005 Jul;78(6):501-9.)

長々と書きましたが、普段N95マスクを装着し慣れていない人が、N95マスクを付けて運動をすると、体調が悪くなりかなり危険な事がわかりますね。

最悪は中国の学校で起きた、急死ということもあり得るというわけです。

注意点としてはN95マスクは息苦しいというデメリットはあるものの、新型コロナウイルスを予防するには非常に優秀なので、

例えば病院に行かなければならない時だけ使用するなどの対策が考えられますね。

N95規格マスクとはどんなもの?

N95マスクには主にお椀型とアヒル型があります。

テレビで医療関係者が装着している場面を見た人も多いと思います。

N95マスクは長時間にわたり装着していると顔に紐やマスクの跡がつきます。

海外の看護師さんがその痛々しい姿を公開したことも話題となりましたよね。

普通のマスクとの違いは、5μm以下の飛沫核に付着した病原体を捕集することができ、着用者の肺への病原体の進入を防ぐことができる点です。

咳やくしゃみ等によって放出された飛沫は普通のマスクでも防ぐ事ができます。

普通のマスクは飛沫の水分が蒸発して直径5μm以下の飛沫核となったものは捕まえることができないとされています。

N95マスクは飛沫の水分が蒸発して直径5μm以下の飛沫核となったものを95%以上捕まえる事ができるのです。

そのデメリットとして通気性が非常に悪く、上記したような息苦しさを感じることが多くなるのです。

まとめ

普段はなかなか私達の生活でN95マスクをつけるということがありませんが、装着する時がきたら今一度、呼吸の乱れを確認してみてください。

間違ってもN95マスクを装着して運動はやめておいた方がいいですね。

タイトルとURLをコピーしました